2009年11月16日
はい、UKです。

まずは業務連絡から。
「UKまだ〜?遅いよー」とお思いの方々、
間もなく発送のメールをお届け出来ると思います。
何卒今暫くお待ち下さいませ。

その他、そろそろ年内発送分の受注終了致します。
去年は、大晦日もご注文頂いておりましたが、
今回の年末年始はご連絡・製作ともにお休みを頂こうかと存じます。

宜しくお願い致します。


さて、その2です。
cyu02.jpg
こんな感じで。
cyu01.jpg
こんな大きさです。

名前はコスモアンプ改め、
「Albireo、β Cygni」(アルビレオ、ベータ・キュグニ)
に決定!

1つのアンプ内に、2台分の増幅器が入っている事を、
二重星と掛けて、名付けました。

oort-cloud.lab的には、天文用語繋がりで名前を探していまして、
うまくマッチしたのではないかと思います。

価格は、62,800円(税込み)とさせて頂きたいと存じます。
Paypalでは手数料を含みまして、64,900円となります。

価格変更となっています。
新しい記事でご確認下さい。


年内受注分(多くても30台程度)は、「リ端子」1台分無料とさせて頂きます。

高価だと思われる方も居られるかとは思いますが、
企画・設計・製造・販売、すべてoort-cloud.labで行っています。

ケース等は、時間を短縮する為に業者の方に頼みますが、
特に回路基板のハンダ付けを、自身で行なう事で、
音質の妥協は無しで、設計通りの音を皆様に提供したいと考えております。
音に関わる部分を、「量産」しない事の重要性は、
ケーブルの線材や、ハンダ付けの大切さを知っている、
皆様には届くものと思っております。

また「リ端子」を行なう事で、ヘッドホンがこのアンプ専用になってしまいます(変換ケーブルでステレオミニとして使用する事は可能です)
通常のアンプよりも、アフターサービスが重要となって参りますので、
その様な意味でも納得して頂ける、価格を設定したつもりです。

具体的なタイムスケジュールに関しては、
・年内に第一期(10台程度)第二期(20台ほどまで)、受注。
  ↓
・第一期完成(1月末〜2月上旬)
 完成次第、リ端子を行い発送。ヘッドホンのお預かりはこのタイミングでアナウンスを行ないます。
  ↓
・第二期完成(2月下旬〜3月上旬)
 完成次第、リ端子を行い発送。
  ↓
以降は、順次発送予定。

という形を予定しております。
なんて言ってはみたものの、1台でも売れたら嬉しいですね。

「リ端子」が必要なので、その敷居の高さは承知しております。
それでもoort-cloud.labは記念すべき第1号機として、
このアンプで、皆様にチャレンジしたいと思います。
宜しくお願い致します。

仕様等について。
電源は単四電池×4本。
利便性を色々と考えた結果、充電回路は無しとしました。
稼動時間は、アルカリ電池で20時間程度(無負荷時)、
実際の稼動時間は、12〜18時間と音量によって、かなり変わって参ります。

オペアンプは非交換式。
音に先入観を持って頂きたくないので、非公開とさせて頂きます。

あとは、いいボリュームといいコンデンサで作られた、
凄くいいアンプ!(。_゜)☆\(ー_ー)

そうそう大事な事、「リ端子」について。
基本的には、ポータブル系の密閉型ヘッドホン用とお考え下さい。
推奨は、
Sennheiser HD-25
BEYER DT250ごめんなさい、未確認でした。
ULTRASONE EDITION 8
辺りですね。

イヤホンに関しては、「ダイナミック型で、シングルドライバ」であれば、可能です。

「複数ドライバ入りのネットワーク内臓型」のモノは、交流駆動が出来ません。
これは内部のネットワークに使われているタンタルコンデンサが、
極性が入れ替わる交流では使用出来ない為です。

したがってカスタム系は全滅。
この時点で半数の方が、購入を諦めたのが分ります。。。

ご家庭でも試さないように、お気を付け下さいね。

あっ!ときどき10Pro等でケーブルのHotとGNDを逆に繋いで楽しんでる方がいますが、
アレも絶対お止め下さい。
この場合はタンタルコンデンサが、±逆ざし状態になりますので、
かなりの危険性がありますよ。そのウチ「バーン!」って。。。
耳の中でバーンですからね。なってからでは遅いですよ。

バランスドアーマチュア型は、構造がスピーカーから離れてますので、
現状ではバランス駆動には向いておりませんです。

追記:カナルワークス様やRooth様のイヤホンであればOKです!
ぜひ、イヤホンでも。


「リ端子」のみは、3,800円で行なう予定です。
+リケーブルは残念ながら、受け付けておりません。

リケーブルされたヘッドホンに関しては・・・構造次第といった所でしょうか?
中の線材が、4芯以上かつ単線ではない・全体のケーブルの太さが4mm程度と、条件が重なりますね。

自作する方用に、結線図は公開致しますよ。


受注開始は、11月18日(水曜日)23時、スタートです。
シリアルナンバーは、第一期・二期確定後、ご希望をお聞きする形になります(必ずしも、ご希望に添えるとは限りません)

直接メールアドレスか、メールフォームよりお問い合わせ下さいませ。

それでは〜

posted by UK at 17:44 | Comment(9) | TrackBack(0) | Product | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ現実味を帯びて参りました。
いや、発売までラストスパート?
しかし11月18日は、終わりであると同時に始まりでもあるんですね。
当日は乗り遅れないように正座してスタンバっていようとおもいます。
Posted by t2m at 2009年11月16日 19:43
その2きましたね
値段は、6万ですか・・・
まだポータブルアンプの世界に入ってきて
一年弱でしかも学生の自分にはかなりの大金ですね
これから理想の環境をそろえるには
mod化とmod用ケーブルの購入か自作
理想のヘッドホン購入とアンプ購入と
道のりは長そうです・・・
まぁ年明けすれば少し前進できそうですが
まだただのipod 激安アンプ ケーブルはまぁまぁって感じなんで
でもいつか絶対買いたいですね
とりあえず受験を終わらせてきますw
Posted by fast at 2009年11月16日 23:18
t2m様、コメントありがとうございます。
そうですね、私にとっても皆様にとっても、
新しい試みになりますので、楽しみに待っていて頂ければ、幸いです。
Posted by UK at 2009年11月17日 14:11
fast様、コメントありがとうございます。
oort-cloud.lab、1年や2年で終わりませんので、ご注文いつでもお待ちしておりますよ!
受験ですか〜成功を心よりお祈りしております。
Posted by UK at 2009年11月17日 14:44
もう少し色々な写真アップして下さい。
絶対購入します!
Posted by fact at 2009年11月17日 15:59
BEYER DT250は純正カールコードはGND共通の三線ですね。

リケーボーすれば可能ですがちょっと作業が増えちゃいますね。
Posted by KZY at 2009年11月17日 16:05
KZY様、コメントありがとうございます。
申し訳御座いません。
お叱りを受ける前に訂正をして置きました。
マイク用の端子を勘違いしておりました。
Posted by UK at 2009年11月17日 16:14
完成おめでとうございます。
Posted by daiki at 2009年11月17日 23:39
daiki様、コメントありがとうございます。

なんとか、ここまで参りました・・・
Posted by UK at 2009年11月18日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133086848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック